スリムな体に憧れるけれど、運動は得意ではないという人は、簡単な足踏み運動でのダイエットがいいでしょう。

全身を使った有酸素運動は、貯め込んだ脂肪を燃やす手段としてぴったりです。

有酸素運動と言うと真っ先に思いうかぶのが水泳、ウォーキング、ジョギングなどですが、より簡単な運動に足踏み運動があります。

体力に自信がない人でもできる運動ですし、家の中でDVDやテレビを見ながらでもできますので、飽きやすい人でも続けられます。

続けることができればだんだんダイエット向きの体質になり、スリムになることが可能です。

足踏みによって小腸や大腸も刺激されることから便秘解消にもつながります。

足踏み運動を行う前には、準備体操としてじゃんけんの要領で足の指を動かし、血液を回します。

足踏み運動をする前に、足の裏の筋肉をほぐしておきます。

足踏み運動では、太ももと床とが平行になるくらいを目安に足を上げます。

消費カロリーを増すためには、膝は高く上げましょう。

腕は後方に大きく振って、背筋をピンと伸ばして行います。

足踏み運動は一日2回、50回ずつの足踏みをすればOKです。

これで基礎代謝が向上し、スリムになる効果があります。

足踏み運動自体はとても簡単です。

毎日実践すること、テンポを一定に保つことがポイントです。

簡単にできる足踏み運動を日々の生活習慣に取り入れてスリムな体を目指しましょう。

簡単なストレッチ運動でお腹をスリムにできる

簡単にできるストレッチ運動で、下腹部をスリムにすることができると言われています。

お腹まわりは、加齢と共に大きくなりがちです。

何とかできないかと思いなやんでいる人はたくさんいます。

日々の活動の中で腹筋を使うことはあまりないため、結果として脂肪が多くなってしまいがちです。

簡単にできるストレッチを実行することで、お腹まわりをスリムにすることが可能です。

お腹を動かす簡単なストレッチというば、腰を左右にひねる運動です。

肩幅に足を広げて両ひざをつきます。

手は頭の後ろでしっかりと両腕を広げます。

下腹部のツイストをイメージしながら、上半身を軽く右側に回転させます。

その状態で右側に体を倒しましょう。

10秒数えたら元に戻します。

ツイスト運動を右へ3回、左へ3回と回し終わればそれで1セットです。

時間をかけずにできて、簡単ですので、誰でもできます。

ストレッチの内容は簡単なので、テレビを見ながら、音楽を聞きながら、お湯を待つ間にと色々なチャンスにできます。

ストレッチの回数や秒数は目安です。

強引なやり方をしないで、自分にとってやりやすい形で実践しましょう。

ストレッチ自体は手軽に実行できますが、毎日コツコツと続ければ、だんだんとお腹はスリムになります。

簡単にできるストレッチをダイエットに取り入れてスリムなお腹を目指しましょう。

下腹をスリムにするには簡単な体操でも可能

下からを簡単にスリムにするにはどうすればいいでしょう。

誰でも簡単にできる体操をすることで下腹をスリムにすることが可能です。

お腹の出っぱりを気にかけているという人はたくさんいます。

下腹は、ジョギングでも、カロリー制限でも、一向にスリムにならないものです。

人間の体の中には多くの筋肉が存在しており、相互に関わりを持っています。

筋肉は互いに作用し合いながら、姿勢を整えたり複雑な動作をできるよう伸縮しています。

その中で、普段ほとんど使っていない筋肉があれば、脂肪が貯まりやすくなります。

下腹が簡単にスリムにならない原因は運動不足もありますが、デスクワークで椅子に座って背中を丸めた姿勢も要因となります。

たまにはイスから立って筋肉をほぐすストレッチを行い、適度に刺激することでスリムな下腹になれるでしょう。

90度より広くなるように前足を出して膝をつき、ストレッチの最初の姿勢をとります。

この状態で、上半身が前のめりにならないよう気をつけながら体重を前にかけていき、後ろ足の筋肉をよく伸ばしましょう。

背筋を伸ばし、両手を真上で揃えて、上方向によく伸ばしながらバランスをとります。

それが終わったらあお向けになって膝を直角に折り、手でひざをおします。

膝と手で、それぞれ押していきます。

簡単なストレッチを毎日少しずつ続けていれば下腹はだんだんスリムになっていくでしょう。