リバウンドの原因は何でしょう。

体に無理がかかってもいいから急激にダイエットをしたためにリバウンドをする人は、何が原因でそうなるのでしょう。

リバウンドしやすい体質になると、それ以降もちょっとしたことでリバウンドします。

リバウンドする原因を理解することで、リバウンドのないダイエットができるでしょう。

飢餓状態に陥ったことが原因となって、リバウンドが発生することがあります。

ダイエットのために極端にカロリーをカットした食事を摂ることで、体はこの先十分な栄養が摂れないかもしれないと判断します。

新陳代謝を低下させると共に、一度の食事をできるだけ脂肪として体に貯め込もうとします。

適正なカロリー量で食事をしていても、ビタミン不足やミネラル不足が重なるとエネルギーの燃焼効率が低下して、使いきれなかった分が脂肪になります。

そして、体はビタミン不足、ミネラル不足を補うために食欲をアップさせ、より多くの食物を体に摂取させようとしてしまうのです。

りんごダイエットやキャベツダイエットなどのダイエット方法は、特にリバウンドがしやすいやり方です。

ある特定の食品だけを食べる単品置きかえダイエットは、栄養の偏りが生じたり、カロリー不足でリバウンドがしやすくなったりします。

リバウンドをしないためには原因となるような極端な食事制限はせず、栄養バランスの取れた食事を3食きちんと摂ることが大切です。

運動不足がリバウンドの原因

リバウンドの原因にはどういったものがあるでしょうか。

ダイエット経験者の中には、ダイエット直後にリバウンドしたという人がたくさんいます。

リバウンドの原因の一つに、ダイエットを目的とした急激な食事制限が、飢餓状態の原因になることがあります。

ダイエットによる食事制限では、脂肪だけではなくて筋肉も減ってしまうというデメリットがあります。

きつい運動だけで行うダイエットや、食事制限を中心にしたダイエットでは、脂肪も筋肉も両方少なくなったりするでしょう。

筋肉が衰えると基礎代謝量が下がるという悪循環があります。

いったん体重が減っても、基礎代謝が落ちた体はエネルギーを燃やすことができず、リバウンドしやすい状態になるのです。

筋力が低下すると、運動を続けること自体が難しくなってしまうでしょう。

食事制限などを中心にして筋肉を使わないダイエットをすると、筋力を使わないため筋力低下を引き起こします。

かといって、きつい運動をしていれば必ず筋肉が増えるかといえばそうでもありません。

体を酷使する運動を行うと、相当なエネルギーを費やすことになります。

体内に運動のエネルギー源となるたんぱく質やカロリーが不足していてもなお運動を続けようとすると、体はエネルギー源を求めて筋肉まで分解し、運動エネルギーに使おうとするためです。

朝昼晩の食事をきちんと摂取し、体に必要な栄養素を確保した上でダイエット効果の高い運動をすることが、リバウンドをしないダイエットを成功させるためには必要です。

リバウンドの原因となる基礎代謝の低下を招かないように注意しましょう。

リバウンドの原因からわかる正しいダイエット習慣

リバウンドのないダイエットをするためには、リバウンドの原因を避けることが大事です。

どういったダイエットをすれば、リバウンドなしで、かつ体重も減らすことができるという取り組みが可能でしょう。

一時的にダイエットはできたけれどリバウンドしたという場合、心身共に負担の大きい痩せ方をしているようです。

また、ダイエットを終わらせる前と後の差が大きいと、それだけリバウンドがしやすくなります。

リバウンドしないダイエットをするためには、ダイエット期間が過ぎてもダイエットにいいことをし続けることです。

食事ですが食べ過ぎは良くありませんが、体がエネルギーを燃焼しやすい状態を維持するために必要な栄養をバランスよく摂取しましょう。

運動によってダメージを受けた筋肉を回復させるために、アミノ酸とたんぱく質の摂取は重要です。

体が必要としている栄養が足りないとリバウンドの原因になることがありますので、サプリメントで必要な栄養を確保するのも効果的です。

きちんと栄養を確保することで過剰な食欲が起きなくなり、食事量の調整が苦痛にならなくなるでしょう。

体を動かすことはダイエットの要なので、楽しく続けられて、脂肪燃焼効率がいいものにしましょう。

適度な運動を続けることによって、筋肉の低下を抑制することができます。

筋肉が減ると代謝が下がってリバウンドの原因になりますので注意をしてください。

リバウンドの原因を作らないためにも食事と運動を基本とした地道なダイエットに取り組みましょう。