せっせとダイエットをしているのに、一息つくとリバウンドでダイエットが台なしになることがあります。

ダイエットを頑張って一時は体重を減らすことができているのに、どうして元どおりかそれ以上の体重にリバウンドしてしまうのでしょう。

ダイエットをしすぎるとリバウンドが起きるというのは、ホメオスタシスという働きが深く関わっています。

いきなりの温度変化があっても、食事がとれなくなっても、人の体は変わらない状態であり続けようとします。

もしも、食料供給が途絶えた場所で暮らすことになって、少量の果物と水だけで数日過ごさなければならなくなった場合というものを考えます。

体を正常に保つ為に、少しでも入ってくる食べ物を貯めようとします。

なかなか運動をしても思うように体重が減らない場合、食事を抜きすぎて体が飢餓状態になっていることがあります。

急場の事態が発生したと体が判断した時に、生命維持のため働く機能のことといえます。

カロリー補給量を減らすことで、ダイエットをしようとする人がいます。

急にカロリーが摂取できなくなったり、食事が減ったことで体に問題が起きないようにするのが、体が持っている機能です。

リバウンドは、人か生きていくために身につけた能力といえます。

リバウンドをしないようにする為にはホメオスタシスの機能のことをよく知った上で、体に無理なダイエットを行わないようにする必要があるのです。

ダイエットのリバウンドとホメオスタシス

人間の体にはホメオスタシスという機能があり、急激なダイエットなどで体重を減らしてもリバウントしてしまいます。

リバウンドを起こさないダイエットをするためには、ホメオスタシスへの対処が重要です。

カロリー摂取量を減らしてダイエットをしようとする人は、ダイエットのためにとたんぱく質や脂質を減らしすぎる傾向があります。

栄養が十分に摂取できない環境に気づいた体はホメオスタシスを機能させるため、代謝が低下し、脂肪が燃えづらい体になります。

体内に取り入れたエネルギーを可能な限り節約しようとするため、ダイエットが困難になります。

ホメオスタシスの機能が働くと、ダイエットで食事制限して摂取カロリーを低くしても、運動をして消費カロリーを多くしても、体重が減らない体になってしまう訳です。

せっせとダイエットをしているのに結果に結びつかないと、諦めの気持ちや挫折につながりがちです。

空腹の反動で大食いに走ったりすると、リバウンド一直線というわけです。

リバウンド自体は人の体として自然なことであり、ダイエットをしてもリバウンドの気配がない方が不自然です。

ダイエットができているからこそ、リバウンド体質になっているとも解釈できます。

ホメオスタシスが作用する段階のまっただ中でダイエットをやめると、リバウンドのリスクが上がります。

ダイエット時にリバウンドが起こったとしても、ダイエットを断念せずに、続ける事ができるかどうかがダイエット成功の分かれ道となるのです。

ダイエットのリバウンドを防ぐ方法

ダイエット時のリバウンド予防で、有効な手段はないでしょうか。

リバウンドの起きないダイエットをする方法や、リバウンドが起きてもわずかな程度に過ぎないようなダイエットをする方法はないものでしょうか。

ダイエット時のリバウンドリスクを低下させるには、短期間でのダイエットではなく、時間のかかるダイエットをすることです。

急激なダイエットを行うと、反動でリバウンドしやすくなり、体重も戻りやすくなります。

現在の体重の5%も10%もの減量を1週間や1カ月で行おうとすると、体がびっくりしてリバウンドが発生しやすくなります。

体に無理のない、ゆっくりとしたペースでダイエットをすると、体への負担も少ないのでお勧めです。

たんぱく質や脂質はカロリーが多い食材が多いですが、だからといって減らしすぎると、リバウンドの温床になります。

そうなると多くの場合リバウンドの原因になってしまいますので、食事制限はほどほどにしましょう。

人間の体は、筋肉を生成するためにたんぱく質や脂質を使います。

体内に筋肉がなければ、食事などで摂取したエネルギーを使うことができません。

結果的にダイエットが難しくなってしまいます。

食事などからたんぱく質を補給し、筋肉トレーニングをすることで筋肉量を維持することはダイエットでは重要です。

栄養バランスも注意が必要です。

最低限必要な栄養は何か、不足している栄養は何かを把握して食事内容の見直しやサプリメントを上手に活用してリバウンドを防ぐようにすることが、ダイエット成功のポイントです。